顔のムダ毛を自分で処理して失敗したら

脱毛

s-phm12_0280-s.jpg
化粧がのりやすいように顔のムダ毛を解消しましょう。
女性は男性と違い、濃いヒゲが生えることはまれですが、
産毛が生えているだけでも化粧の仕上がりを悪くしてしまうのです。

皮膚の表面が粉っぽくなっているようなら、ファンデーションが
上手にのっていないと考えられます。

顔のムダ毛処理は、自分で処理する場合はほかの部位と
同様のやりかたです。剃刀や専用シェーバーを活用して剃っていきます。

ただ、顔はデリケートな部位なので、なるべく剃刀の摩擦を
減らしたいのが本音です。そこで、剃る前に蒸しタオルを顔にあてがい、
毛穴を大きくしてから処理しましょう。

ムダ毛処理で大切なのは、剃刀を往復させる回数を減らすことです。
何度も皮膚を滑らせていては、ニキビや吹き出物などの肌トラブルに
発展します。「剃刀負け」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょうが、
これは皮膚へのダメージによって生じるものです。

そして、実際に剃り始めるときは、毛の流れに沿って処理しましょう。
毛の向きと逆に剃るとスムーズですが、皮膚にダメージを与えやすくなるのです。
ムダ毛の処理を始める前には、シェービングジェルを使用することも大切です。
そして、顔専用の剃刀・シェーバーなどを利用して剃っていきます。

エステティックTBC

もみ上げ付近や生え際は、自然な状態になるように調整します。
深く剃ってしまうと見た目にも違和感が生じてしまいます。
皮膚へのダメージを軽減するためには、剃刀を滑らす手と
逆の手で皮膚を真っすぐにしながら剃ってみましょう。
皮膚に凸凹があると、剃り残しが多くなったり、皮膚を傷つけたりします。

それでも自分で処理をすると肌にトラブルが起こる場合があります。
このような場合は早めにエステで専門家に処理してもらったほうが
良いかもしれません。肌トラブルは人によって違ってきます。

シェービングクリームがあなたに本当にあっているのか
使ってみるまではわかりません。

エステの場合では事前のカウンセリングでも伝えておく
必要があります、このような綿密な打ち合わせがエステの魅力でもあると思います。

詳しくはこちらをクリック


TOPPAGE  TOP